キミの笑顔がみたいんだ

花びらが散る前に迎えにきてよ、王子様。

25歳おめでとう

本当の意味で出会って3年。

早かったね、3年。

 

色を失ってモノクロの世界にいた私に

カラフルな色を付けてくれたのは、

綺麗な青い羽の蝶でした。

 

青い羽根の蝶は私に「幸せになっていいよ」

と言わんばかりに私を幸せにしてくれました。

 

そんな出会いから3年。

 

彼の見ている世界は私には届かない世界で

三年前と全然違うのはなんとなくわかってて

届きそうで届かないから

完全に届かない世界へ行ってしまいそうなのに

お願い行かないで。

私を一人にしないでっていう気持ちが勝ってしまう。

 

アナタの周りが変わっても

アナタだけは変わらないで。

 

少し寄り道したっていい

あなたが歩きたい道を歩いて。

 

ただあなたのそばにいることができたらそれが幸せ。

物理的な距離は相変わらず遠いし

あなたの所有物には私はなりたいのになれないけど

 

もどかしいけど

でもそんな今ですら愛おしと感じさせてしまうくらい

あなたを見てると幸せで。

 

死んでも愛してる

 

ってアナタはいうから

それは狂愛と周りはいうかもしれないけど、

私もそんな狂っているアナタがいない世界はいらない。

 

落ちるところまで落ちましょう。

 

アナタノセイ?ワタシノセイ?

 

 

あなたとみる夢は花のように色鮮やかで美しい

 

そんな夢をこれかも。

 

今の私はアナタがいなくなる世界はあり得ないし

多分私が壊れてしまうから。壊れる前に迎えにきてね。

 

これが狂愛というのなら

そうなのでしょう。

 

誰も救い出すことができないこの世界が

居心地がいいからあと何年私はこの世界を歩むことになるでしょう。

 

 

第二回中島健人ソロパート大賞 TOP10結果発表♡

 

皆様大変お待たせいたしました。

第二回中島健人ソロパート大賞

結果発表でございます!!!

 

今回は順位のみ掲載いたします。

Twitterにはコメントを一部掲載してありますのでご覧いただけたら幸いです。

 

 

1位 83pt

からくりだらけのテンダネス より

 I gotta get you tonight

 

 

2位 59pt

すっぴんKISSより

知れば知るほど 吸い込まれていくよ キミに夢中!

 

 

3位 45pt

すっぴんKISSより

マイペースでいいから たまには頼ってね そのための僕じゃん

 

 

 

4位 43pt

ワガママLADY

それも僕じゃなくてよくない!?まるでお姫様

 

 

5位 41pt

ワガママLADYより

そのまた別腹アイスクリーム

 

 

 

5位 41pt

初めて出会ったあの日から 初めて喋ったあの日から 君のこと思う度 心が踊り出す

ワガママLADY

 

 

7位 23pt

からくりだらけのテンダネスより

噂のアイツはDangerous 見透かされそうな瞳はParadox 近づくほど見えぬ正体

 

 

 

7位 23pt

すっぴんKISSより

こっそりKISSをしようよ

 

 

9位 22pt

イノセントデイズより

終電車に 色褪せてた景色に 溢れるなにか

 

 

9位 22pt

冬が来たよより

会いたくて素直になってたまに泣いたって僕らは消さない時を刻む

 

 

10位 20pt

イノセントデイズより

それでいいさと 憂鬱も愛していこう 僕なりの今を

 

 

前回同様TOP5の投票数はずば抜けでした。

今回ワガママLADYが全体的に票が多かったイメージがありました。反対にSpark Lightはパート割が細かくてあまり票はあつまらなかったですね。

 

1位は健人くんの主演ドラマ「ドロ刑」のあのパートからでしたね。私の予想とは少し外れていてビックリしました。

 

でも上位をみてて共通点をあげるなら「こうしてもらいたい!」って女の子の願望が入っているような歌詞が上位にランクインしている印象でした。

 

そう思うと次回も楽しい投票結果になりそうです。

 

ということで、大切なお知らせ💙
5月頃を目処に(予定ではツアー終了後)
#中島健人PAGESソロパート大賞
を開催します。ツアーも始まるのでまた、楽しんで頂けたら嬉しいです。
イノセントデイズ、からくりだらけのテンダネス、すっぴんKISSも投票対象にします。

アルバムだとまた順位だいぶ変わってしまうので。こちらも楽しんでいただけたらと思います。

 

社会人になってからは開催2回目でしたが、かなりバタバタした投票発表で皆様にもご迷惑おけしました。

 

それでも付き合ってくださってありがとうございました。

 

健人くんの25歳が素敵な年になりますように。

 

 

 

第2回 中島健人ソロパート大賞11位以下の結果に関して

 

こんにちは。

お詫びしなければならないことがあります。

昨日発表いました投票結果に不備がありました。

詳細を申しますと、結果が重複(同じパートが2箇所)していた部分があったという点です。再度結果を見直しまして遅くても9日までには公表できるように手筈を整えます。

 

大変申し訳ありませんでした。

第二回中島健人ソロパート大賞 11位以下結果発表

 

11位以下の結果はご覧の通りです。

7日に発表した結果に不備があったことや発表時刻が遅れまして大変申し訳ありませんでした。

 

今回全く掲載されていないものはTOP10にランクインされているか、もしくは1票も票がなかったものになります。

 

最初に発表したものより前後ズレが生じているかも知れませんがご了承ください。

 

それでは皆様お楽しみください。

 

11位 18pt

💙ベイビーロマンチカ

「ありのままでいい ちょっとづつでいい 好きだから」

 

12位16pt 同率2パートがランクイン!

💙星の雨

「大切な人に 大切な言葉すぐに届けたくて」

💙からくりだらけのテンダネス

「今宵も消える」

 

14位15pt

💙冬が来たよ

「もう2度と来ない今を 愛おしさもわかっているのにすれ違う夜には」

 

15位14pt

💙すっぴんKISS

「劇的に 恋してるのさ Luvin′ luvin′ you!」

 

16位13pt 同率3パートがランクイン!

💙からくりだらけのテンダネス

「秘密めいた君の その素顔を...」

💙すっぴんKISS

「可憐な すっぴんSexy」

💙冬が来たよ

「幸せすぎて臆病になるよ気付かぬうちに」

 

19位12pt 同率2パート

💙イノセントデイズ

「誰かと過ごす時間も 誰かのための痛みも」

💙ワガママLADY

「だけどだけど何故だろう? 君はトクベツ!」

 

21位9pt

💙ベイビーロマンチカ

「早く自覚して 頬の熱 ドキドキの意味」

 

22位8pt 同率2パートランクイン

💙星の雨

「今、星の雨 風が香る この世界のどこかで見上げているだろう空」

💙Twilight Sunset

「I know I love you 僕らはこの時間を止められないから Twilight Sunset」

 

24位7pt

💙からくりだらけのテンダネス

「誠と嘘はinside out 鼓動は響き合うのに」

 

25位6pt 同率2パート

💙イノセントデイズ

「いつまでも」

💙星の雨

「身体の中で脈打つ血潮 皆同じ生き物だ」

 

27位5pt 同率2パート

💙UNSTOPPABLE

「小手先の笑顔が また僕を苦しめるんだ」

💙すっぴんKISS

「華麗な台詞を」

 

29位4pt 同率4パート

💙UNSTOPPABLE

「終わりなき“愛”を賭けた play the game」

💙ベイビーロマンチカ

「特別なキッカケや 理由が なきゃいけない? 気がついたら、じゃ お気には召さない?」

💙ワガママLADY

「髪を切ったら絶対気づいて」

 

 

32位3pt 同率3パート

💙星の雨

「なのに僕らは 比べたがるの? 孤独に怯えないで」

💙冬が来たよ

「立ち止まり抱きしめた君と僕だけの季節が」

💙Spark Light

「You make it so hot, So hot, I can't let you leave」

 

35位2pt

💙UNSTOPPABLE

「飾り立てた無表情の顔で笑うUnbreakable...」

💙Twilight Suset

「ずっと このままでいたい 願うほどに ふたり近づいてしまうから 簡単じゃないね」

 

37位1pt 同率5パートランクイン

💙UNSTOPPABLE

「どれだけ時間が過ぎたら僕は救われるのだろうか?」

💙すっぴんKISS

「想い画面越し」

💙Spark Light

「I miss you baby, I need you around」

💙Believe in my dream

「挫けそうな時は夢を見つけた場所で 見上げた空 胸の鼓動思い出そう」

💙冬が来たよ

「この街で巡り会って 確かめあって僕らは 隣で強くなれる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二回中島健人ソロパート大賞 結果発表時間予告

 

第二回中島健人ソロパート大賞

 

結果発表の時間をお知らせ致します。

 

TOP10の発表は、

2019/3/13(水)お昼12時より

Twitter @KentySoloPart

で発表致します。

 

こちらのブログでは

2019/3/13(水)13時にTOP10の結果をまとめて発表致します。

 

 

 

そして以前、11位以下の発表はいつにしますか?

って言いましたが、投票の結果少し早めに発表致します。

 

2019/3/7(木)22時より

Twitter @KentySoloPart

で発表致します。

 

こちらのブログでは

2019/3/7(木)23時に11位~の結果をまとめて発表致します。

 

ではもう近々発表です。

皆様結果発表をお楽しみください。

 

10年。14年。それから?

 お久しぶりです〜。

 

昨日と一昨日お店がお休みだったのでちょっとゆとりのある、のんです。

中島健人ソロパート大賞の結果はもう少しお待ちください。

 

あ、Twitterでアンケートしてるんですけど、

10位以下を13日より前に先攻で公開したほうがいいのかはたまたしないほうがいいのかというアンケートとってますので回答頂けると嬉しいです。

 

 

 

今日は少し過去を振り返ろうと思います。

完全に私個人のことです。

だから読みたくなかったここでUターンしてね。本当に(笑)

 

 

3年たったんだなぁ。

 

 

初めて読む人や私のことを知らない人ははあ?かもしれませんが、

けんとくんと3年迎えられたんだなって。

 

2年前に書いたブログを読み返して、

学生から社会人になった今だからこそ書こうかな。

 

たまに、書いてるけど

やっと答えが出せた気がする。

 

 

私にとって、特別な3人は変わらない。

 

薮くん、亀梨くん、そして健人くん。

 

多分この3人っていうのは3年以上前…セクゾのデビューくらい?うーん2013年の春と言った方がいいのか。それくらいから変わってないと思います。

 

最近知り合った人とかには、

私が薮くん好きだったのも亀梨くん好きなのも違和感あるらしいんですけど(笑)

 

私という1人格を作ったのは

多分、薮宏太という男です。

私の青春時代は薮くんでした。

こんなこと言ったら薮担さんに怒られそうですが、

顔が好きだったわけではありません。

彼の声と考え方が好きだったんです。

 

中学時代のかなり辛かった時期とJUMPにとって2回目の東京ドームコンサート

同時期だったんですけど、その時彼が言ったこの一言で私は救われました。

「みんながいるから僕達がいるわけで、僕達がいるからみんながいる。」

結局自分にとって存在意義があるのかと聞かれて、

どの時代も私の生きる意味は見つけ出せなくて。

わからないまま模索して、

結局弱いから生きるって選択肢になるわけで 。

ただ生きてるだけでなんで生きているんだろうと

ぼんやり生きてた私に「必要だ」と言ってくれたのは薮くんだったから。

中学時代・・・高校時代もきっと私に生きる意味をくれたのは薮くんだった。

 

あと私は今もだけど舞台に立ってる時の目が好き。

野獣のようにという表現があっているかはわからないけど、

舞台やっている時のギラついている目。

周りのことをしっかり見れてる彼がすごいと思った。

そして何より、彼の声が好きだった。安心する声だった。

いや、今も安心する。

 

でも私がどこかで薮くんとすれ違って、

それは年齢に伴う所も多少はあるかもしれない。

10代に満たない時にジャニーズの人ということも

名前すら分からないときから彼の声に惚れていてたのだから。

そんな私も成人して社会人になって今年24歳。

変わらないものもあるけど変わってしまう面も当然あるわけで。

 

たびたびブログでも触れているので詳しいことは

過去の記事を読んでくださいにしますが、

2014年のあの時に全部崩れてしまった。

崩れたら負けだどうすると思って何度も踏みとどまったけど、

私からみて彼の色のない目は見たくなったのかもしれない。

2014年5月から2016年11月までの約2年半

何度も悩んで何百回泣いて、

嫌いになりたくてもなれなくてを繰り返したけど、

DEARのツアーオーラスを最後で薮担と名乗るのは辞めました。

 

その頃にはあの頃の純粋に薮くんが大好きって気持ちは無くなってしまったから。

 

担降りしてから2年も実は色々あって。

薮担時代の同担で1番仲良かった子とも揉めたり

なんかあんまり詳しくは書かないけど

薮くん本人以上に周りでもういい。

無理嫌い。

って拒絶して居た期間がないと言ったら嘘になる。

 

という感じで大分クズ極まりないのですが、

去年のSorLで色々吹っ切れたというか。

JUMPのコンサートを付き添いで今も行っているけど

誰のうちわを持つ?と聞かれたら

やっぱり薮くんのうちわしか持つ気になれない。

 

結局、薮くんを嫌いにはなれなかった。

 

そんな今、どう思うのか。

彼にとって私はどう映っていたかは知らないけど

私にとって彼は私を作ってくれた人。

 

もう彼を担当と呼ぶことは今後ないけれども

大切な人だったことには変わりない。

唯一無二な人です。

 

だから、彼に贈る言葉はありがとう。

遠くから見守らせて欲しい。

 

 

私にとってずっと憧れで大好きなお兄ちゃんは1人しかいない。

その人を最初に認識したのは2005年。

もう14年も前になるのか。

私のジャニーズの本当の原点は彼だと思います。

ちゃんとジャニーズと認識して一番最初に好きになったのは

KAT-TUNの亀梨くんでした。

 

ごくせん2005で「小田切くんかっこいい!!」

って言ったのが一番最初だったかな。

私が亀梨くんを好きになったのはアイドルの亀梨和也が入り口ではなく

俳優の亀梨和也だった。

 

亀梨くんかっこいい!好きだな〜!ってなったのが

2006年冬ドラ、たったひとつの恋 でした。

今も大好きな恋愛ドラマ。ノベライズの小説も何度も読み返した。

それくらいあの作品が好きだった。

あの作品で生きる神崎弘人が好きだった。

 

 

その後、あんまり覚えてはないけど

アイドルの亀梨くんも好きになって、

ずっと茶の間ファンを続けていたと記憶しています。

 

2010年

母が中丸担になったことをキッカケに

初めてKAT-TUNのコンサートを参戦して

それからは大体年に一回親戚のお兄ちゃんに会いに行くような

感覚で亀梨くんのファンをしていました。

 

2014年

前述で書いたことがキッカケで私の世界は

完全にモノクロになりました。

そんな時、母がKAT-TUNのコンサートを誘ってくれました。

そのコンサートが私にとって

唯一の光になって、色が少しつきました。

色と言うより止まっていた時間が少しづつ動き出したという表現の方が会ってるかもしれません。

この当たりからファンというよりヲタクの要素が強くなったんですけど。

亀梨和也という人間も、

4人のKAT-TUNも私にとって特別でした。

 

だから、

2014年年末〜くらいから掛け持ちでヲタクをしました。

 

2015年

書かなくてもおわかりの方が多いと思うのでふわっとだけ。

あの11月の出来事で私の中でバランスが崩れてしまった。

また世界がモノクロになってしまったようだ。

 

2016年

3人になった彼のコンサートをみて、

「彼らにやっぱり付いていきたい。」と思った。

 

2017年

亀梨くんの初めてのソロコンサートに行って、確証した。

亀梨くんを大好きな気持ちと憧れに変わりがなかった。

 

2018年

本格的に再始動してすぐのKAT-TUNには会えなかったけど

夏のツアーでみた彼らは本当にかっこよくて、付いていきたいと本気で思った。

 

2年前の担降りブログでださなかった結論を今日書こうと思います。

亀梨くんのヲタクではないかもしれないけど、亀梨和也という人間が、KAT-TUNが大好きです。

ハイフンと名乗るにはおこがましいけれども、ファンでいたいと思います。

基本母が誘ってくれたら行くスタンスだから、茶の間と言われたらそれまでだけど(笑)

ヲタクではなくファンでいようと思います。

LOVEではなくて、LIKE。

 

だって彼はずっと私にとって憧れの人。

それはこの14年間変わりませんでした。

今後も変わることは無いと思う。

どんな壁も乗り越えられることをいつも証明してくれる。

なんだか分からないけど、彼の言葉はすごく元気になる。

あと、KAT-TUNが作り出す音楽が私の個人的めちゃめちゃ好みなのが多い。

ずっと聞いていたいと思うから多分今日もKAT-TUNの曲を聞くと思う。

 

永遠に私の憧れ続ける人が亀梨和也です。

 

 

 

さて、最後に彼の話を書きますか。

出会ったのは11年前だっけ。

多分。

見た目は本当にタイプ。

でも母にどこがいいの?って言われて、

好きなんて言えなくなって、

嘘偽りだったけど

彼ではなく彼のシンメを好きだと言って

知らない間に洗脳されて、

そうなってたけど

でもデビューする少し前のSUMMARY

あの時の生き様をみて、

中島健人はやっぱりかっこいい。

って思った。

 

今のJr.で同じことができる人は絶対にいないと思う。

当時薮担だったからこそ思う。

シンメで片方がいなくてその代役を同じグループのメンバーではなく、

当時Jrだった彼が周りのバッシングも多い中、薮くんと背中合わせで光くんの代役をやり切ったことがどれだけ大変だったか。

 

これがあったからかもしれないけど

Sexy Zoneになってからも

ふまけんを応援したい気持ちには変わりなくて茶の間と言われようがSingleだけはずっと買い続けて。

 

ジャニワは抜きにして

Sexy Zoneのライブとして初めて入ったのは2013年のJapan Tourの名古屋公演で。

その公演で私は、Sexy Zoneの中だったら健人くんが一番!って気持ちにようやく気付いた。

 

その後すぐ出来たファンクラブも結成時に入って年に一回名古屋公演は必ず足を運んでいた。

 

でも、事務所の意向で5人としての活動ができなくなってSexy Zoneってなんなんだろうと思うようになって少しづつ遠のいてしまったけど、

セクパワのツアーオーラスをみて、

これを最後にSexy Zoneを応援するのは辞めようと思っていたけどでも、辞められなかった。

やっぱり健人くん好きな気持ちはあったし、

それ以上にあの状況で頑張ってる聡マリを応援したいと、思った。

知らない間に、気づかないうちに5人のSexyZoneが大好きだったみたい。

 

あと一年彼らを見届けよう。

その先はまた彼らのステージで決めようと。

 

だから正直2015年までは本当にゆるゆるで

茶の間というのが正解なのか、

ファンというのが正解なのか。

なんかそんな感じだった。

ヲタクではなかったと思う。

 

そして、私の世界が崩れた。

 

2015年 秋

私にとってKAT-TUNが4人であることと、JUMPが元気に活動してること

この2つの条件が揃っていたからこそどうにかヲタクをやれてた。正直それは、2014年の年末からずっとそう思っていたのかもしれない。気づかないふりをしていただけで。

ヲタクを半ば義務みたいな部分があったのかもしれない。崩れた世界が歪みはじめ、

京セラで単独のカウコンを終えた彼らをみて

もう充分かもしれない。ヲタク辞めようかな。って、思っていました。

 

2016年

そんな時にSexy Zoneが地元金沢にやってきた。

この話は色々な所で散々書いてるので省略しますが、このファンミーティングがキッカケで私の世界がモノクロで歪みも出始めて崩れかけた世界に、

あたたかな日だまりと、大きな虹を架けてくれたのが、時計の針を元に元通りにしてくれたのが中島健人でした。

 

あの時の私にとって、

健人くんがこの先の未来を変えるなんて

思ってなかった。

一過性だと、思ってた。 

でも違った。

 

 

それが3年前。

 

3年たって、今思うのは

あの時、健人くんに会えてなかったらどんな未来だったのかなって。

それくらいあの時彼に出会わなかった未来が想像できない。

 

健人くんの元に行く準備が用意されてたかのように

色んな意味で奇跡的だったウェルセクツアーにらじらー!も何度かよまれて、

#Honey♡Butterflyで、私にはこの人しかいないって思った。

 

なにがどうしたというわけではなく

必然かのように、彼について行って3年がたってました。

1人でコンサート…ましてや遠征なんて絶対行けなかったのに今は普通に行けるし、映画の舞台挨拶も番組観覧もエキストラも健人くんを通して初めて行って色んな世界をみた。

 

今まで見て来れなかった世界が開いて

学校や仕事で辛いときもKTTや色んな媒体を通して私もがんばろう!って思えた。

 

正直今の仕事ほんと辞めたいけど

辞めずに1年続けられたのも、

健人くんが頑張ってるのを

身近に見てこれたからかな。

 

健人くんが色をくれた世界は

私がどれだけ沈んで、

私の世界が黒になったとしても、

必ず直ぐに光の色と彩をくれた。

 

必ずと言っていいほど

遅くなっても、ご褒美はくれるしね。

 

生活の一部に

中島健人は必要不可欠になっていて

いない世界なんて考えられなくて。

本当に大好きで大切な人です。

 

時々何考えてるか分からないけど(笑)

ねぇ!!!ってなることもあるけど、

でもやっぱり1番は健人くんで。

健人くん以外は考えられないかなぁ。

 

リア恋とかって、言葉があるけど

多分私にとって健人くんはリア恋なんだろうなぁ。 

顔含め性格や考え方も理想の人だから。

 

なんだかんだ3年たって、

今までヲタクしてた誰より貢いでるし(笑)

周りにはおー行って、言われるけど

本当に大好き。

 

猫ぽい私をずっと、夢中にさせてくれる

健人くんは本当に天才です(笑)

 

私にとって健人くんは

王子様、大好きな人色々な言葉を並べられるけど1番ぴったりなのは

ヒーローって言葉かな。

 

この先も多分

余程のことがない限り

多分このヒーローから離れたりはしないと思うので、しっかりしがみつこうと思います。

 

いつも真っ暗な世界から

助けてくれたのは健人くんでした。

この先も、どうか私のヒーローでいてください。

 

 

今まで過去の記事に書いてきたことは

全部その時の本当の気持ちなので

心の変化はかくそれぞれあるけど、

今の私はこんな気持ちです。

 

健人くんを通して出会った人とは長くて3年、薮くんを通して出会って人は私が担降りしてから3年たっても

ずっと仲良くしてくれて本当にありがとう。

どんな心理テストをしても必ずネコの結果になってしまう私は多分自由きままな自由人だと思いますが、

そんな私を受け入れてくれてありがとう。

 

本当にありがとう。

 

この先もよろしくお願いします。